FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでも無線ってわけには…

私の使っているauのスマホは、京セラ製のURBANOです。
今はver.3まで出ているみたいですが、私の持っているのはver.1です。
まー半年以上前に型落ちしているものを買ったので、
それはそれで仕方ないのですが。
すごいね、もう半年以上もスマホ使っているんですね!
そのくせまだまだ使いこなせていないねこにゃん太ですが(泣)
さてこのスマホ、データ通信と充電と両方に使えるとのことで、
パソコからUSBケーブルを伸ばして充電しているのですが、
このケーブル充電、パソコが立ち上がっているときは問題ないのですが、
パソコの電源をスリープ状態にした時にケーブルを抜き忘れると、
なんとスマホからパソコの方に電流が逆流するみたいでして、
朝起きる頃には電池がすっからかんになってしまいます。
そうなんです、スマホを目覚ましにしているねこにゃん太にとって、
朝一に電池が無くなっているという状態はひじょーにマズいのです。
なんたってアラームが鳴らないわけなんですからね。

そんなことが何回かあって、大人しくAC充電に切り替えるべきか、
と考えてみたときに、ふと思い出したことがあります。
確かこのURBANOを買った時に、ショップの店員さんに、
端子に挿さなくても、台に置くだけで充電できるシステムがある、
と案内を受けていたことを思い出したのです。
早速相方のスマホを買った時にもらってきたパンフを広げてみると、
もうver.1の情報が載ってなくてver.2とver.3のことしか載ってません。
しかし、URBANOのみが確かに、この置くだけ充電ができるみたいです。
ということで、この充電台を買おうかと思って、
行ってきましたよ、休みを利用してauショップまで。
平日だというのになんだかたくさん人がいて、
10人待ちくらいということが表示されていました。
まー、10人ならすぐかな? と思って待っていたら、
なんと全員新規の方ばかりで、たった10人でも、
2時間くらい待たされてしまいましたよー、あー。
で、ようやっと順番が回ってきたので、ショップの方に、
今のURBANOでも無線充電できるのか再確認してみたところ、
なんと、ver.1とver.2については、無線充電台の他に別途、
その無線を受信する用の電池に切り替えなきゃいけないことが発覚。
両方合わせて、しめて10000円弱也!
しかも即日持ち帰ることができないらしく、
取り寄せで最短でも5日くらいかかるとの話です。
どうせ取り寄せなら、ネットショッピングで安いところ探そう、
と思って家に帰ってから色々調べてみましたが、
京セラ純正品しかブツは存在しなく、しかも通常市場には出てない、
つまりショップで提示されたお値段を、
auの直営ネットショップから直接取り寄せるしかないのです。
うーん、そっかー、この値段でこの納期、
しばらくはこのまんまの充電方式でいいかなー、
という結論に至ってしまいました。
結局午後まるまる充電器について調べることに費やしてしまい、
そして買わないということに落ち着いてしまったという、
なんだか有意義に過ごせなかったかなー、と思ってしまいました。
今使っている電池が寿命を迎える頃になって、
まだ今のままのURBANOを使っているようでしたら、
その時に再検討してみようかと思うねこにゃん太なのでした。

うん、それまでは! 必ずパソコを落とすときにはケーブルを抜く!
これを徹底していかないと、遅刻常習犯になってしまいかねませんので、
気を付けていかないとです!
大人しくAC充電に切り替えればいいって?
うーん、そういう結論には行きそうにないですねー、ううう。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

ねこにゃん太

Author:ねこにゃん太
favorite:
猫、ゲーム、お酒
address:東京都

乱文、推敲なし
読みづらいとは思いますが、
お付き合いくださいませ。


(C)Quest
密かにTactics Ogreの
カノープスに愛を注いでいます♪

さぽている
ココロ
ブログ妖精ココロ
WebRing

前へ  次へ  ランダム
一覧  参加
カウンター
グリムス
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

スキなものは好き

ぐるぐる迷子

Imagination

エルディーネのブログ

游げ、泅げ。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
リンク
Blogram
THE INTERVIEWS
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。